ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 農林水産業、及びその高付加価値化に貢献する仕事 新規就農時から、農業と福祉の連携に挑戦しています
【合同会社 竹内農園/北広島市】

新規就農時から、農業と福祉の連携に挑戦しています
【合同会社 竹内農園/北広島市】

  • 農林水産業、及びその高付加価値化に貢献する仕事
  • 札幌エリア

合同会社 竹内農園

企業・団体のビジョンやミッション

お客さまに喜んでもらえる野菜を生産、販売する

札幌市近郊の北広島市で、北海道のきれいな空気、ヤマメが棲むきれいな川のとなりという恵まれた条件を生かし野菜栽培を行っています。主にたまねぎ、長ねぎ、トマト、ナス、ピーマン、小松菜、水菜など15種類程度を栽培しています。
特別栽培という化学肥料・農薬を半分以下に抑えた栽培方法に挑戦し、納豆菌・乳酸菌・酵母菌で病気を防ぐことなども試みています。札幌近郊のコープさっぽろで販売しています。
2015年3月、エコファーマーに認定されました。

農業と福祉の連携を考え実践する

私たちは農業と福祉の融合を目指して農業経営を開始しました。設立当初から、地元で就労継続支援B型の事業を行っている「ワークサポート・サンスマイル」と農作業に関する業務委託契約を結び、また、平成28年からは北ひろしま福祉会とも業務委託契約を結び、農福連携の農業を実践しています。
「適材適所」を念頭に置き、多様な人たちがそれぞれに合った働き方ができるように手作業を多くして必要な所だけを機械化し、仕事を細分化するなど、作業内容を工夫しています。
また、冬期間の作業を確保するために、みつば・花豆・長ネギなどの栽培を行うなど、障がい者が年間を通して働ける環境づくりにも挑戦しています。

代表者からのメッセージ

私は北海道にUターンした後、札幌市内の社会福祉法人と恵庭市の農園に勤務して福祉と農業を学び、2013年10月に北広島市に農園を設立しました。
農業を始めるまでに北海道各地の農家さんをはじめ多くの方々にお世話になり、大変感謝しております。そして、今度は恩返しする番だと思っております。
新しく農業を始めたい、新規就農したいけどどうしたらよいかわからないという方など、農業に興味がある人を応援します。ぜひ、出来ることをお手伝いさせてください。

企業・団体の魅力

・人材不足の農業の分野で、障がい者の雇用の可能性を模索し、「適材適所」で力を発揮できるような作業や栽培を工夫しながら実践している。
・農福連携の取組について、様々な場で情報発信を行い、視察や体験も受入れるなど、その普及に務めている。
・自らの経験を生かして、新規就農者への情報提供、視察や研修の受け入れを行っている。

スタッフからもひと言

夫婦二人で、「サンスマイル」の方々や地域の皆さまに支えられながら農業に取組んでいます。
私たちにとって、これまでに出会った皆さまとのご縁が一番の財産です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP