北海道を詳しく知る北海道のこともっと知ってほしい

テレビやドラマで知っている北海道。修学旅行や観光で訪れた北海道。あなたはどのようなイメージがありますか?
きっと、まだまだ知らないことがあるはずです。暮らしやすいおおらかな北の大地の魅力を、もっともっと知ってください。

  1. ABOUT HOKKAIDO 01 でっかいどう、北海道。
    暮らす場所によって、
    環境も気候も違います。

    北海道に来て一番驚くのは、その広さかもしれません。面積は都道府県で最も大きい83,424平方キロメートル。なんと日本の約22%にあたります。四国と九州と沖縄を足しても北海道が大きいくらい、本当に「でっかいどう」なんです。そこに179市町村があり、約551万人が暮らしています。

    広い北海道は、エリアによって自然環境や気候もまったく異なります。例えば、海に囲まれた道南エリアと、広大な平野が広がる十勝エリアでは、風景が全然違いますし、気候も海岸性気候と内陸性気候と対照的。住んでみたいエリアにはどんな特徴があるのか、それを調べるところから始めてみては?

  2. ABOUT HOKKAIDO 02 自然の豊かさと
    四季の美しさは
    なによりの宝物です。

    ラムサール条約登録湿地/釧路湿原静内二十間道路 桜並木/洞爺湖/上川町 紅葉/美瑛町

    移住者が北海道暮らしの魅力として真っ先に挙げるのが「自然豊かな環境」です。世界自然遺産の知床、日本初のラムサール条約登録湿地となった釧路湿原、23カ所もある自然公園をはじめ、身近に雄大な自然環境があります。大自然と一緒に暮らす毎日、いかがですか。

    また、四季がはっきりしているのも北海道の特徴です。桜と梅が一度に咲き誇る春、あざやかな緑と青空がまぶしい夏、日本でいちばん早く紅葉が楽しめる秋、そして白銀の世界がどこまでも広がる冬。ゆっくりと移り変わる景色に季節を感じながら過ごす日々は、まさに人生の宝物ですよ。

  3. ABOUT HOKKAIDO 03 長い冬の寒さと雪を
    ポジティブに楽しむ!
    それも北海道暮らしのコツ。

    降雪量

    降雪量グラフ

    (cm/県内の各観測ポイントを合わせた平均値)

    北海道暮らしで心配なのが、冬の雪対策。雪かきや冬道の運転など、はじめは確かに大変かもしれませんが、でもすぐに慣れますよ。家庭用の小型除雪機やロードヒーティング、無落雪屋根なども普及しています。子どもと雪だるまをつくったり、雪と仲良くするのが冬を楽しむコツです。

    寒いからこそ楽しめることも、北海道にはたくさんあります。スキーやスノーボード、スケートなどの定番から、氷上ワカサギ釣りやスノーシューなどウインターアクティビティも多彩。「さっぽろ雪まつり」をはじめ、各地で寒さを楽しむ冬のイベントも開催されています。さあ、冬こそ外へ出かけましょう!

    出展:気象庁ホームページ
    (平成24年11月〜平成25年2月の累積降雪量から)

  4. ABOUT HOKKAIDO 04 外は寒くても
    中は快適。冬、万全。
    高断熱&高気密住宅。

    冬が長い北海道ですが、家の中は暖かく快適。それは、優れた機密性と断熱性を備え、暖房設備も充実した住宅の工夫のおかげ。
    暖かな部屋の窓からしんしんと降る雪を眺める。北国の風情を感じるひとときです。

    1. 暖房

      灯油ストーブで各部屋を暖房するのが主流でしたが、断熱性・気密性の向上にともなって、セントラル暖房やオール電化住宅が増えています。

    2. 煙突

      気密性の高い北海道の住宅では、FF式(強制給排気型)のストーブやボイラーが多く、煙突のある家は少なくなっています。

    3. 玄関

      冷気や雪が家の中に入るのを防ぐために、玄関のまわりをガラスで囲った「風除室」を設置している家が多くあります。

    4. 屋根

      降雪に対応する鋼板屋根が主流で、本州のような雨樋はありません。特に都市部では無落雪屋根が多く採用されています。

    5. 北海道の窓には雨戸がなく、ガラスの間に空気の層を設けたペアガラスやトリプルガラスの窓を二重にして使うのが一般的です。

TOP