勤務地市町村情報

乙部町

乙部町は渡島半島の西部、檜山振興局管内のほぼ中央部に位置する北緯42°の町です。南は江差町、北は八雲町、東は厚沢部町に隣接し、西は日本海に面しています。基幹産業は農・漁業で、製造業を中心とした企業誘致にも注力しています。

情報:北海道で暮らそう!(2017年6月 現在)
アクセス
  • 鉄道:新函館北斗駅(新幹線)から車で60分
    木古内駅(新幹線)から車で70分
  • 空港から:函館空港から車で100分
  • 車:函館駅から車で90分
人口・世帯数 40071929
面積 162.59
歴史
江戸期にはにしんの豊漁などで越後、佐渡、能登方面から移住者が増え、にしんの千石場所として江差に次ぐまちとして発展しました。
時代の変遷に伴い、明治2年には、山田顕義以下1,300人の明治政府軍(官軍)が上陸。また、明治4年廃藩置県により館県、つづいて弘前県青森県の統治下に入り、明治12年乙部三ツ谷に戸町役場が置かれました。明治19年北海道庁函館支庁官下になり、乙部村に戸町役場の合併があって現在の乙部町の区域となり、明治35年2級町村制の施行により、村名を「乙部村」としました。
昭和40年には町制施行し、乙部町となりました。また、平成2年には町政施行25周年、平成7年には30周年、平成27年には50周年を迎え、さらなる発展が望まれています。
もっと詳しい情報はコチラ 北海道移住まるごと情報サイト 北海道で暮らそう!

ワーキングホリデー 募集情報

社会福祉法人江差福祉会 バリアフリーホテルあすなろ

企業概要
業種 ホテル業
事業内容 ホテル業務全般
事業所所在地 爾志郡乙部町館浦494-1
受入内容
募集人数 3名
勤務地 爾志郡乙部町館浦494-1
従事する業務の内容 ホテル業務全般
募集対象者
必要な免許・資格 特になし
雇用形態
雇用期間 7月中の2週間 (8月第1週目まで相談可能)
勤務時間 8時間 (1時間)
賃金 786円
応募していただきたい方
休日・休暇 日曜日
宿泊場所 バリアフリーホテルあすなろ
宿泊場所住所 爾志郡乙部町館浦494-1
宿泊場所間取り
1部屋あたりの利用人数 2~3人
その他特記事項

交流イベント

元和台海浜公園海開き

開催日時 7月22日
開催場所 元和台海浜公園 海のプール
主催 乙部町
参加にあたり必要な事項
概要

海のプール開設期間中の無事故の祈念とともに、学生には障がい者でも楽しめる海のプールについて、実際に車イス体験などを行って、乙部町の取組みを紹介する。

TOP