勤務地市町村情報

知内町

北海道の南端、渡島半島の南西に位置し、木古内町、福島町、檜山管内上の国町と接している青函トンネル北海道側出入口の町。まちの中を知内川が還流し、津軽海峡に注いでいます。河川流域や海岸地域は平野が開け、肥沃な農地が広がっています。農業、漁業が盛んなまちで、特にニラ、ほうれん草、トマト、ミツバ、マコガレイ、カキ、ホタテは大変に評判がよく、中でもニラ、ほうれん草、知内マコガレイ、知内カキは知内ブランドとして知られています。  また、暖流が流れる津軽海峡に面した知内の気候は温和で、夏の最高気温は30℃前後、冬の最低気温は-10℃前後を年数回記録する程度で、北海道でもっとも過ごしやすい地域のひとつとなっています。積雪は12月から3月まで観測されるものの量は少なく、十分に整備された本町の除雪体制と合わせ、雪に関する心配はありません。

情報:北海道で暮らそう!(2017年3月 現在)
アクセス
  • 鉄道:函館駅~木古内駅(特急)38分(普通)約70分 + 木古内から路線バス(約17分)
  • 空港から:函館空港から90分
  • 車:函館市から42㎞(約60分)
人口・世帯数 46822086
面積 196.75
歴史
鎌倉時代に甲斐の国イハラ郡領主・荒木大学が来道し、知内川で砂金堀りをしたと伝えられるなど、古い歴史を持っている。町名の由来は、アイヌ語で「チリ・オチ」鳥・居るところの意味。松前藩の主要財源である鷹の産地として有名。
もっと詳しい情報はコチラ 北海道移住まるごと情報サイト 北海道で暮らそう!

ワーキングホリデー 募集情報

新函館農業協同組合 知内支店

企業概要
業種 農業協同組合
事業内容 農産物の出荷、販売、金融等
事業所所在地 上磯郡知内町字重内66-102
受入内容
募集人数 1名
勤務地 上磯郡知内町字重内1025
従事する業務の内容 農産物の出荷
募集対象者
必要な免許・資格 特になし
雇用形態
雇用期間 1ヶ月程度
勤務時間 8:30~17:309時間(1.5時間)
賃金 786円
応募していただきたい方
休日・休暇 週1日(日曜日)
宿泊場所 移住促進モデル住宅(H28築)
宿泊場所住所 上磯郡知内町字元町143番地30
宿泊場所間取り 木造2階建て(3LDK)
1部屋あたりの利用人数 1名/1戸建て
その他特記事項 【住居】道南スギの香り豊かなH28築の住宅を利用できます。
【通勤】企業が運行する送迎バスを利用できます。

交流イベント

サマーカーニバルin知内(予定)

開催日時 8月14日
開催場所 知内町河川敷地内
主催
参加にあたり必要な事項
概要

毎年8月14日に開催される夏のイベント。歌謡ショーや地元特産品の販売、河川敷地で行われる花火は圧巻。昨年は、知内町出身の北島三郎氏のほか演歌歌手による歌謡ショーが行われた。

知内町町制施行50周年記念式典・祝賀会

開催日時 10月1日
開催場所 知内町中央公民館ほか
主催 知内町
参加にあたり必要な事項
概要

昭和42年10月1日に知内町が「村」から「町」へ移行して50年を迎える節目の年であることから、記念式典・祝賀会が開催されます。イベント内容については現在検討中。

TOP