勤務地市町村情報

富良野市

富良野市は北海道の中心「へそ」であり、道内各地にアクセスしやすく自然も豊かな適度に都会なまちです。夏と冬の寒暖差が大きく、四季がはっきりとしています。「北の国から」の舞台にもなった「ふらの」を体感しませんか?

情報:北海道で暮らそう!(2017年3月 現在)
アクセス
  • 鉄道:旭川駅から約60分
  • 空港から:旭川空港から車で約90分
  • 港から:苫小牧港から車で約150分
  • 車:旭川から約90分
人口・世帯数 2301711035
面積 600.97
歴史
富良野市の開拓は、1896年に富良野原野殖民地区画の設定が行われ、1897年に福岡県出身の中村千幹(なかむらちから)氏らが現在の扇山地区に入植したことから始まります。
入植から2年後の1899年に富良野村戸長役場が現在の上富良野町に設置され、1903年には富良野村の南方を割く形で下富良野村が誕生しました。その際、富良野村は上富良野村と改称しています。
その後、1915年に下富良野村は山部村が分村してしまいますが、1919年に町制を施行し富良野町となりました。また、1940年に山部村からさらに東山村が分村しますが、1956年に町村合併促進法の適用を受け、東山村と富良野町が合併して新富良野町が誕生します。そして10年後の1966年には山部町と新富良野町が合併して、富良野市が誕生しました。これは道内29番目の都市でした。
もっと詳しい情報はコチラ 北海道移住まるごと情報サイト 北海道で暮らそう!

ワーキングホリデー 募集情報

まさ屋(同)

企業概要
業種 飲食業
事業内容 ホール、厨房、鉄板調理
事業所所在地 富良野市日の出町11−15
受入内容
募集人数 2名
勤務地 事業所所在地と同じ
従事する業務の内容 ホール、厨房、鉄板調理
募集対象者
必要な免許・資格 特になし
雇用形態
雇用期間 H29.7.1~9.30(うち2週間から相談可)
勤務時間 10:30~21:00(シフトにより変更有)(交替勤務で8時間労働)14:30~17:00(シフトにより変更有)
賃金 時給 800円
応募していただきたい方 外国人の陽気な雰囲気を楽しみ、英語と接する喜びを持てる方のご応募をお待ちしてます。
休日・休暇 週休1日
宿泊場所 店舗2階
宿泊場所住所 富良野市日の出町11−15
宿泊場所間取り 2R
1部屋あたりの利用人数 3~4名
その他特記事項

交流イベント

ふらのクリエイティブヴィレッジ

開催日時 8月5日~6日
開催場所 富良野市生涯学習センター施設内
主催 クリエイティブヴィレッジ実行委員会
参加にあたり必要な事項
概要

のどかな景観と芦別岳を背に、生涯学習センターを使って行われる プロ、アマ、ジャンルを問わず全国から集まるクリエーターと地域住民とで創る2日間限定の自分達だけの手作りの村、「FURANO Creative village」。

参加するクリエイターは、作品を求めてくれる人の反応を直に感じ、全国各地のクリエイターと混ざり、接することで様々な刺激を受けることでしょう。訪れてくださる方は、たくさんの作品の中でクリエイターの感性に直に触れることで、これまでに味わったことがないような驚きやときめきを体験することになるはずです。

若布、革、シルバーアクセサリー作家、小物雑貨作家など、様々な作家さん達が集まります。 1日目のイベント終了後は交流会を開催します。

TOP